【お知らせ】5/31開催 「SRフォーラム2016 in 東京―持続可能な社会をつくるためのキーセッション・ G7サミットをこえて―」


組織の社会責任向上が国際的にも提起され、2010年にはあらゆる組織の社会的責任(Social Responsibility;SR)のガイダンス文書「ISO26000」が発行しました。
そして、この「ISO26000」を基盤として、持続可能な調達や人権が侵害されないような取組みが、多様な関係者(マルチステークホルダー)との協働により推進されるよう、国内でも求められています。
2016年5月に開催される「G7伊勢志摩サミット」、その前年度に開催されたG7エルマウサミットでは「責任あるサプライチェーン」「ビジネスと人権に関する国別行動計画(NAP)」も議題となりました。

2016年度、ISO26000の策定に関わったNPO/NGOネットワークとして企業や行政とともにマルチステークホルダーで課題解決をすすめるため、連続セミナーの開催を予定しています。
本フォーラムでは、連続セミナーで取り扱う「持続可能な社会づくりのためのキーテーマ」を、ショートセッションを通じてポイントを共有する場となります。いま注目されている「SRのテーマ」を一度に確認できる機会になります、私たちの足元や周りでおこっている課題をマルチステークホルダーで解決に近づけるための取り組みに、ぜひ参画ください。

当日のみなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

開催概要

【日時】

2016年5月31日(火)18:30~21:00 (開場 18:15)

【会場】
千代田区立日比谷図書文化館 スタジオプラス(4F)
(千代田区日比谷公園1-4) http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分

【定員】
50名(定員になり次第締切)

【参加費】
NNネット非会員:1,500円 / NNネット会員:1,000円

プログラム

当日詳細はこちらから

○主催者挨拶・趣旨説明

●星野 智子 (一般社団法人 環境パートナーシップ会議・NNネット幹事団体)
http://www.epc.or.jp/

○第1部:トークセッション

【A・B】コーディネーター:松岡 秀紀
(一般財団法人 アジア・太平洋人権情報センター/NNネット会員団体)
http://www.hurights.or.jp/japan/

 ◇【A:G7伊勢志摩サミット/ 持続可能な開発目標(SDGs)】

●堀江 由美子さま(公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)
http://www.savechildren.or.jp/

 ◇【B:ビジネスと人権に関する指導原則】

●山田 美和さま
(独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所)
http://www.ide.go.jp/Japanese/Info/

●氏家 啓一さま
(一般社団法人 グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン)
http://ungcjn.org/gcjn/index.html

【C・D】コーディネーター:黒田 かをり
(一般財団法人 CSOネットワーク・NNネット幹事団体)
http://www.csonj.org/

 ◇【C:社会的責任調達の世界的潮流-ISO20400発行に向けて-】

●冨田 秀実さま
(LRQAジャパン)
http://www.lrqa.or.jp/

●川北 秀人
(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]/NNネット幹事団体)
http://blog.canpan.info/iihoe/

 ◇【D:メガスポーツイベントと持続可能性調達】

●崎田 裕子さま
(特定非営利活動法人 持続可能な社会をつくる元気ネット)
http://www.genki-net.jp/

●田中 丈夫さま
(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 大会準備運営第一局 持続可能性部長)
https://tokyo2020.jp/jp/

○第2部:SRカフェ

●堀江 良彰
(特定非営利活動法人 難民を助ける会(AAR Japan)/NNネット幹事団体)
http://www.aarjapan.gr.jp/

参加者と講師でテーマ別にグループになり、質疑応答や情報交換を行います。

お申込み・お問い合わせ

お申込み

こちらからお願いします
http://sr-nn.net/archives/4307

社会的責任向上のためのNPO・NGOネットワーク(NNネット)とは

ISO26000策定をきっかけに発足した、NPO/NGOネットワーク。NPO/NGOの自発的な参画と連携を通じてセクター間の対話を促進し市民セクターの定着と社会的な位置づけの向上を目指すとともに、あらゆる組織が社会的責任と信頼を高め、住みよい社会を創造することを目的として活動しています。

【お問合せ先】

社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)事務局
特定非営利活動法人 日本NPOセンター 内(担当:三本)

ウェブサイト:
http://sr-nn.net/
https://www.facebook.com/npongonetwork/

お問合せフォーム: http://sr-nn.net/contact