6/10 仙台開催「震災から5年、 持続可能なNPOになるための組織基盤強化とは」事例報告会のお知らせ


復興が長期化する中で、現地でのNPOの活動も緊急期から復興期を経て、より地域に根ざした活動へと変化しつつあります。活動の変化にあわせて、その時期に必要な組織基盤の強化も変化をしてきます。実際の取り組み事例報告やディスカッションを通して、「これまで」の活動を振り返り、「これから」のありかたを、NPOをはじめとする市民団体のみなさんと一緒に考える機会をもちたいと考えています。

また、今回の報告会では対談「災害復興における市民団体の役割について」も実施します。阪神・淡路大震災から熊本地震まで、日本は多くの災害に見舞われてきました。その中で、緊急期・復興期・平常時に一人ひとりができることについて、支援活動の担い手、当事者として関わりをもち続けているお二人の思いをお伝えします。

日本NPOセンターでは2011年3月18日より「東日本大震災現地NPO応援基金」を設置して、被災地の課題に取り組むNPOの組織基盤強化を目的にした助成を行ってきました。取り組み事例報告は、当助成をうけた団体の皆さんが行います。


■日時:
2016年6月10日(金)14時~17時(開場13時40分)

■場所
スタンダード会議室仙台あおば通店(地図)
(住所:仙台市青葉区中央2-2-6三井住友銀行仙台ビル5F)

■対象
被災地支援に取り組む市民団体、中間支援組織、組織基盤を強化したいNPOほか、テーマに関心のある方

■定員
30名

■参加費
無料

■申込方法
いずれかの方法で開催日前日(6月9日)までにお申込みください。
(1)ウエブサイトからの申込み
画面右上にある「参加申込みをする」をクリックして、申込み画面にてお手続きください。
(2)Email、電話、FAXで申込み
「お名前」「所属」「ご連絡先」を記載の上、お申し込みください。
<宛先>
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
<電話>03-3510-0855(受付時間:月~金 9:30-18:30)
<FAX>03-3510-0856(受付時間:24時間)
<E-mail>ouen-kikin#jnpoc.ne.jp ※#を@に変えてください

■主催
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター

■協力
特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド

■プログラム

▼事例報告

(順番は前後する場合があります)
●「運営の中核を担う人材の育成を通じた事務局強化への取り組み」
報告:一般社団法人ワタママスマイル(宮城県石巻市)

●「地域に開かれた新規事業の立ち上げと持続的な運営に向けた組織体制の強化」
報告:特定非営利活動法人いわき自立生活センター(福島県いわき市)

●「地域で継続、発展した活動をするための組織運営能力強化への取り組み」
報告:特定非営利活動法人パクト(岩手県陸前高田市)

●「地域を支え、地域に支えられる持続型NPOとなるための事務局強化」
報告:特定非営利活動法人移動支援Rera(宮城県石巻市)

●「公益法人取得にむけた事務局強化にどう取り組んだか」
報告:公益社団法人みらいサポート石巻(宮城県石巻市)

▼質疑応答・意見交換
コーディネーター:田尻 佳史(特定非営利活動法人日本NPOセンター常務理事)

▼対談「災害復興における市民団体の役割について」

語り手:
島田 茂さん(公益財団法人日本YMCA同盟総主事(代表理事))
田尻 佳史(特定非営利活動法人日本NPOセンター常務理事)

内容:阪神・淡路大震災から熊本地震まで、支援活動の担い手・当事者として関わってきた中で、緊急期・復興期・平常時に一人ひとりができることについて感じていること、今後の取り組みにおいての期待や課題など

【問い合わせ先】
特定非営利活動法人 日本NPOセンター (担当:千代木)
100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245
TEL:03-3510-0855