6/29仙台 「被災した地域を支えるコミュニティの力~これからのコミュニティづくりにおける民間非営利組織の役割~」事例報告会のお知らせ


東日本大震災の復興は全体的な遅れ、地域差が生まれています。震災により深刻化した人口減少・高齢化、生活困窮等の課題への対応、外部支援の減少に伴い、現地NPOは住民が自ら主体的に取り組む活動の支援やセーフティネットとしてのコミュニティづくりの支援に取り組み始めています。

そこで、今回「被災した地域、人を対象としたコミュニティづくりの支援」に取り組む民間非営利組織の事例報告を通して、「これからのコミュニティづくりにおける民間非営利組織の役割」を、NPOなどの市民活動団体のみなさんと一緒に考える機会をもちたいと考えています。

今回の報告会は、日本NPOセンターが日本たばこ産業株式会社からの寄付によって2013年から実施している「東日本大震災復興支援 JTNPO応援プロジェクト」の一環として実施し、事例報告は2015年4月から1年間受けた団体の皆さんが行います。


■日時:
2016年6月29日(水)14時~17時(開場13時30分)

■場所
スタンダード会議室仙台あおば通店 会議室A(5階)(地図)
(住所:仙台市青葉区中央2-2-6三井住友銀行仙台ビル5F)

■対象
復興支援に取り組む市民活動団体及びこれらの団体を支援する企業・団体

■定員
30名

■参加費
無料

■申込方法
いずれかの方法で開催日前日(6月28日)までにお申込みください。

(1)ウエブサイトからの申込み
画面右上にある「参加申込みをする」をクリックして、申込み画面にてお手続きください。

(2)Email、電話、FAXで申込み
「お名前」「所属」「ご連絡先」を記載の上、お申し込みください。

<宛先>
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
<電話>03-3510-0855(受付時間:月~金 9:30-18:30)
<FAX>03-3510-0856(受付時間:24時間)
<E-mail>jt-npo-ouen#jnpoc.ne.jp ※#を@に変えてください

■主催
認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター

■プログラム

▼事例報告

(順番は前後する場合があります)

<地域住民を中心に進めるコミュニティづくりの支援>

●「石巻市における住民を主体とした仮設住宅・復興公営住宅のコミュニティづくり」
報告:石巻仮設住宅自治連合推進会(宮城県石巻市)

●「震災による被害で分断された村落と仮設住宅にむすぶ村民のコミュニティづくり」
報告:特定非営利活動法人 いわて地域づくり支援センター(岩手県田野畑村)

●「石巻市雄勝町の住民が集い、語らい、交流するためのコミュニティづくり」
報告:特定非営利活動法人 雄勝まちづくり協会(宮城県石巻市雄勝町)

●「南相馬市小高区の避難指示解除後に向けた住民による新たなコミュニティづくり」
報告:特定非営利活動法人 はらまち交流サポートセンター(福島県南相馬市小高区)

<地域の枠組みを超えたコミュニティづくりの支援>

●「南三陸町の自然資源を活用した食とアートによる地域再生のためのコミュニティづくり」
報告:特定非営利活動法人 海の自然史研究所(宮城県南三陸町)

●「福島県の農業再生を目指す農家・企業・市民団体による新たなコミュニティづくり」
報告:特定非営利活動法人 福島県有機農業ネットワーク(福島県内)

●「川内村農家の支援を通した双葉郡の農家コミュニティづくり」
報告:特定非営利活動法人 元気になろう福島(福島県川内村)

【問い合わせ先】
特定非営利活動法人 日本NPOセンター (担当:中川)
100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245
TEL:03-3510-0855