[2/15開催]復興支援活動報告会 参加者募集
「つながることへの挑戦~現地NPOの連携とエンパワメント~」
(タケダ・いのちとくらし再生プログラム)


「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」第2期では、被災地の方々の「いのちとくらし」を大切に紡ぎなおすために、「連携・協働」と「住民のエンパワメント」を事業テーマとして活動をしています。

全国からの支援も減っていく中、地域では復興の先を見据えた「つながり」づくりも動き出しています。一団体でできることは少ないが、パートナーを探して共に新しいことに挑戦する団体や、地元住民を巻き込んで一緒に頑張ろうとしている団体もあります。多くの人とつながり、共に動くことで新しい道が開けたり、一団体ではできなかったことが出来るようになったりします。

実際に「連携・協働」や「住民のエンパワメント」活動を通じて見えてきた課題やうまくいったことなどの事例報告とパネルディスカッションを行い、今後の復興について考える機会にしたいと思います。

パネルディスカッションのコーディネーターは、経団連1%クラブ事務局次長の長沢恵美子さんと、日本NPOセンター事務局次長の上田英司が務めます。ぜひ、お仲間をお誘い合わせのうえ、ご参加ください。

なお、「タケダ・いのちとくらし再生プログラム」では、2018年夏前に第2期第3回新規助成募集を行う予定です。本事業で実際にどのような活動がおこなわれているかを知る機会にもなりますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

開催概要

■日時:2018年2月15日(木)14:00-17:00
■場所:TKP仙台東口ビジネスセンター カンファレンスルーム2B
 仙台市宮城野区榴岡1-6-30ディーグランツ仙台ビル
 (JR東北本線仙台駅東口徒歩4分/仙台市営東西線宮城野通駅南1出口徒歩2分)
 会場地図
■参加費:無料(定員50名)
■主催:認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
■お申込み:締切:2月13日(火)
 申込みフォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。
 2/15開催 タケダ・東日本大震災復興支援 事例報告会申込みフォーム

プログラム

●事例報告&パネルディスカッション(住民エンパワメント)
 ①一般社団法人 Bridge for Fukushima(福島県)
 ②一般社団法人 ワタママスマイル(宮城県)

 コーディネーター:上田 英司(日本NPOセンター事務局次長)

●事例報告&パネルディスカッション(連携・協働)
 ③特定非営利活動法人 アットマークリアスNPOサポートセンター(岩手県)
 ④東北・広域森林マネジメント機構(岩手県、宮城県、福島県)
 ⑤一般社団法人 さとうみファーム(宮城県)

 コーディネーター:長沢 恵美子氏(経団連1%クラブ事務局次長)

■告知チラシ:
flyer
ダウンロード(PDF:約1.8MB)

お問合せ先

タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局(担当:渡辺・山脇)
http://www.inochi-kurashi.jp/

認定特定非営利活動法人 日本NPOセンター
東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245
TEL:03-3510-0855
FAX:03-3510-0856
E-Mail: info@inochi-kurashi.jp