「市民社会創造ラボ」がスタートします!


NPO法が成立して今年で20年が経ちました。この間に社会情勢は大きく変化しましたが、市民社会を根付かせることに関しては道半ばと言わざるを得ません。

これまでの20年を振り返るとともに、今後の20年のあり方を考えることは、日本に市民社会を根付かせるためにとても重要なことだと考えます。

日本NPOセンターでは、会員の皆様をはじめとして市民社会に関心のある方々と共にこれからの市民社会の創造を考えるための集いとして、「市民社会創造ラボ」をスタートさせることにしました。

市民社会創造ラボの定期的な開催を通して「市民発」「現場発」の調査研究、アドボカシー活動の拡充を図ってまいります。皆さまのご参加をお待ちしています。

第1回 市民社会創造ラボ

■日時・場所
7月25日(水)18:30~20:00

日本NPOセンター会議室(千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル B116)*地下1階の会議室です

アクセス

■ゲスト
山岡義典さん(特定非営利活動法人市民社会創造ファンド運営委員長)

■テーマ
「市民社会創造への思いと、これからの20年に期待すること」

■内容
ゲストに課題提起をしていただいた後に、参加者同士で議論を深めていきます

■対象・定員
テーマに関心のある方は、どなたでもご参加いただけます
定員20名 *先着順/定員になり次第に締切

■参加費
2,000円(日本NPOセンターの正会員は1,500円) *当日受付にて現金でお支払いください

■申込
右のフォームよりお申込みください https://goo.gl/z28Xiq

《ゲスト紹介》

yoshinori yamaoka山岡 義典(やまおか・よしのり)さん

市民社会創造ファンド 運営委員長 / 助成財団センター 理事長 / 日本NPOセンター 顧問

1941年生まれ。大学で建築を学び、都市計画の研究の後、トヨタ財団にてプログラム・オフィサーに着任、市民活動への助成の基礎をつくる。1996年の日本NPOセンターの設立に際しては中心的な役割を担い、民間非営利セクターの基盤強化に受けたプログラムづくり、NPO法の成立や各地の民間NPO支援センターの設立などに関わる。事務局長、常務理事、副代表理事を経て2008年に代表理事、2012年より顧問。2001年、法政大学教授、2012年名誉教授。2002年に市民社会創造ファンド設立し、企業フィランソロピーの新しい仕組みとして市民活動助成に取り組む。2014年より助成財団センター理事長。編著に『NPO基礎講座』『NPO実践講座』など。


■お問い合わせ

認定特定非営利活動法人日本NPOセンター(担当:椎野、清水)

100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245

E-mail:research#jnpoc.ne.jp (#を@に変えてください)

TEL: 03-3510-0855   FAX: 03-3510-0856