「参加の力」が創る共生社会 市民の共感・主体性をどう醸成するか

B0021

「参加の力」が創る共生社会 市民の共感・主体性をどう醸成するか  (B0021)

販売価格
¥2,160
在庫状態 : 在庫有り

いつも私たちを悩ませる人材や財源の確保。この解決のカギが「参加」です。しかも著者は、以前から提唱していた「ボランティアは恋愛に似ている」のフレーズに加えて「ボランティアはネコである」も新たに提唱。ユーモラスに、本当に大切なものは何かを解き明かす旅へと読者をいざなっていきます。

著者の早瀬昇(当センター前代表理事)は、学生だった1970年代からボランティア活動に参加し、現在に至るまで長くボランティア・市民活動に取り組んできました。本書は、その著者の経験や気づきに加え、市民活動やボランティアについての内外の書籍や研究、調査結果からのデータ、さらに先人たちが語った言葉まで、実に多くの情報が凝縮されています。

序 章 「参加の力」の素晴らしさ
 1 「参加の力」が発揮される多彩な取り組み
 2 自治と共生の視点を伴った社会づくりへ

第1章 ボランティアはネコである!?
──共に自主・自律が基本

第2章 ボランティアは恋愛に似ている!?
──違いは「公共性」の有無のみ

第3章 「官尊民卑」からの出発
──阪神・淡路大震災以前

第4章 「無償」の意味と多様な活動

第5章 「自発性」の持つ力
──市民活動は行政を超える

第6章 「強み」が「弱み」に
──自発的社会活動の弱点

第7章 市民活動のための法人格誕生
──特定非営利活動促進法の成立

第8章 「参加」は“商品”である
──「参加の機会」を提供して「自立」するNPO

第9章 「参加」が進む組織づくり

第10章 寄付税制と公益法人制度改革の変遷
──市民活動の制度的位置づけ

第11章 「協働」の時代
──弱みを理解し合い強みを出し合う

コラム
 1 「不幸産業」ということ
 2 「心」はどこにあるのか?
 3 「NPO 3.0」を目指そう!
 4 「嫌だったらやめてもよい」ということ

2018年6月発行
編集・発行 ミネルヴァ書房
A5判・256ページ
2,000円+税

カートへ入れる
(ページ下部へジャンプ)

ご案内

【発送について】ご注文から1週間を目安にお送りします

【送料】区分A:180円

新・送料体系について(2018年10月1日より適用)
******************************
※以下の規定はウェブサイトからのご注文で、請求書等の書類の発行が不要の場合のみに適用されます。電話・FAX他の方法でご注文いただいた場合のご注文、および、請求書や納品書が必要な場合は、ご注文内容に応じた実際の送料をご負担いただいておりますのでご注意ください。

【送料】ご注文商品ごとに送料を設定しています。
区別 金額(税込)
送料A 180円
送料B 250円
送料C 360円

※新版は送料無料キャンペーン商品もございますのでご利用ください!
※発送は内容量に応じて以下のいずれかでお送りします。(指定はできません)
・スマートレター、レターパックライト、ゆうパケット、一般郵便など、郵便局のサービスで郵便物として郵便受けに配達されるもの。
・ヤマト宅急便 (上記に収まらないもの)
******************************
・お送りした書籍に不備があった場合や、ご注文の書籍と異なる場合は、返送料・再送料は当センター負担にてお取替えいたします。お手数ですが担当までご連絡ください。
・返品・交換は、お受けしておりません。

【お支払い方法】後払い・郵便振替
手数料をご負担いただいております
(手数料80円~ 詳しくはゆうちょ銀行HPよりご確認ください)。

※請求書と振替用紙および振込先口座情報を同封します。
※領収書は原則発行しておりません。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
(お問い合わせ) 特定非営利活動法人日本NPOセンター 書籍担当
TEL:03-3510-0855  E-mail:books@jnpoc.ne.jp
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

数量