東日本大震災現地NPO応援基金 応募要項(一般助成第2期第4回/2012年度特定助成)


【応募受付は終了しました】

2011年3月に日本NPOセンターは「東日本大震災現地NPO応援基金」を立ち上げ、10月までを救援期(第1期)として、現地NPOの救援活動への助成に取り組み、11月からは生活再建期(第2期)として、「被災者の生活再建を支援する現地NPOの組織基盤強化」をテーマに助成に取り組んでいます。
震災の発生から1年が経過した2012年3月には、被災された方々の生活再建の支援に取り組む、現地NPOの底力を、中長期的な視点をもって、じっくりと強めていくため、第2次募金を開始しました。
この度、第2次募金の特定募金を原資に、「大和証券フェニックスジャパン・プログラム(特定助成)」を立ち上げ、「被災者の生活再建に取り組むNPOの人材育成」をテーマに公募を開始します。
スタッフの人材育成を通じた組織基盤強化の取り組みは、[特定助成]にご応募いただき、これ以外の組織基盤強化の取り組みは、[一般助成]にご応募ください。
(※一般助成と特定助成の同時応募も可能です。)

※ご注意ください
一般助成第2期第4回助成については、要項の内容について、助成金額の上限、締切り日など、2011年11月の告知開始当初から一部変更になっています。

[応募要項PDF版]

[一般助成](第2期第4回)
現地NPOの組織基盤強化プログラム
[特定助成] 大和証券
フェニックスジャパン・プログラム
応募要項詳細 応募要項詳細
趣旨 被災者の生活再建を支援する「現地NPOの組織基盤強化」をテーマに助成 被災者の生活再建に取り組む「NPOの人材育成」をテーマに助成
助成対象団体 (1)岩手県、宮城県、福島県において直接被災者の生活再建を支援する「現地NPO」
(2)上記(1)の活動を行う団体の「現地ネットワーク組織」または「現地中間支援組織」
岩手県、宮城県、福島県等において被災者の生活再建を長期的な視点で支援する「現地NPO」で、以下の目的をもつものを重視。
(1)災害孤児、障がい者、難病患者や高齢者、生活困窮者など、社会的に弱い立場にある被災者の生活再建を支援
(2)被災者の安心・安全な居住・生活基盤の再建を目指した復興まちづくりを支援
助成期間 2012年10月~2013年9月までの1年間 2012年10月~2013年9月までの1年間
毎年の応募と選考により継続助成も実施予定
助成金額 1件あたり300万円以内 1件あたり500万円以内
助成総額・件数 助成総額1,500万円程度。
助成件数6件程度。
助成総額4,000万円程度。
助成件数10件程度。
助成内容 組織基盤を強化するために必要な費用と、組織基盤強化に取り組むスタッフの人件費を助成。
施設の建設費・修繕費用、車輌等の設備購入費は助成の対象外。
1)育成の対象となるスタッフは、団体と雇用契約を結び、社会保険に加入し、週3日以上勤務する者、2)スタッフの育成責任者がいること、3)スタッフを継続して雇用できることを条件に、(1)育成対象となるスタッフの人件費、(2)育成責任者の人件費、(3)スタッフの育成を図るための諸経費を助成
応募期間 2012年8月1日(水)(必着)までの期間、随時 2012年7月20日(金)~8月1日(水)(必着)
問い合わせ・応募先 特定非営利活動法人
市民社会創造ファンド
担当:坂本・武藤
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-2-1
新大手町ビル267-B
TEL:03-3510-1221  FAX:03-3510-1222
特定非営利活動法人
市民社会創造ファンド
担当:神山
連絡先は同左
応募要項詳細 応募要項詳細