信頼されるNPOの7つの条件


2004.2.20 民間NPO支援センター・将来を展望する会

(はじめに)

特定非営利活動促進法(NPO法)が施行されて、2003年12月1日で5年になりました。この間、約14,000の特定非営利活動法人(NPO法人)が誕生し、その設立傾向はさらに活発になりつつあります。このことは、NPOという考えが日本社会に着実に受け入れられつつある証拠と考えることもできます。しかし一方では、法律制定に向けて抱いたNPOへの熱い思いが、少しずつ忘れられてきているようにも感じられます。なかには、どう見てもNPOらしくないNPOも登場しつつあります。

今問われているのは、「NPOらしいNPO」とは何か、ということではないでしょうか。それをここでは「信頼されるNPO」として考えることにしました。NPOは、まずそのサービスの受益者から信頼されなければなりません。同時に、そのNPOを応援する支援者からの信頼も欠かせません。さらにそれらを含む社会全体からの信頼が必要です。そのような三者の信頼を得たとき、それが「NPOらしいNPO」なのだと言えるのではないでしょうか。

私たち各地のNPO支援センターの現場を預かるものたちが、そのような「信頼されるNPO」の条件について考えたのが、次ページ以下の7項目です。これらの各項目は、「理想のNPO」を語ったものではありません。NPOならせめてこうあって欲しいという、標準的な水準を描いたものです。数値目標の設定も議論しましたが、今回は入れないことにしました。次の段階では、ぜひ考えてみたいと思っています。

なお、ここでいうNPOは、NPO法人を主な対象としながらも、それ以外のさまざまな組織形態の市民活動団体を対象として想定しています。

「信頼されるNPOの7つの条件」全文は以下のpdfファイルで公開しています。

お読みいただいた上で、他所でご利用になられたい場合は、
1.日本NPOセンターにご連絡ください(電話、FAX、E-mail)2.センターからの返信の後、公開されている形式のまま(pdf形式もしくは印刷による全文掲載のみ認めています)ご利用ください。

信頼されるNPOの7つの条件 pdfファイル(46.5KB)