【開催報告】損保ジャパン日本興亜×日本NPOセンター 企業とNPOの協働フォーラム 「地域の持続可能性を引き出す企業とNPOの協働のカタチ」を開催しました。


損保ジャパン日本興亜×日本NPOセンターは、企業とNPOの協働フォーラム(以下、本フォーラム)「地域の持続可能性を引き出す企業とNPOの協働のカタチ」を、2016年2月18日(木)に損保ジャパン日本興亜本社ビルで開催しました。
1_開会挨拶IMG_20160218_133107
【開会挨拶】

「SAVE JAPANプロジェクト」(以下、本プロジェクト)は、2015年度末で丸5年を迎えます。これまでに、47都道府県の環境NPO、NPO支援センター、日本NPOセンター、損保ジャパン日本興亜が4者で協働して、全国で600回を超えるイベントを開催し、30,000名を超える市民の皆さまにご参加いただきました。
5年間継続して実施していく中で、「地域の持続可能性に貢献していること」が見えてきました。当初より「生きものが住みやすい環境づくりを4者協働で実施する」ことにしていましたが、環境保全効果だけでなく、市民間のコミュニティ構築や地域におけるNPOと市民の関係強化等、地域活性化に対しても効果を発揮し始めていることが明らかになりました。

1_第一部報告①_IMG_20160218_134505
【第一部:インパクトレポートの報告】

本フォーラムでは、本プロジェクトのこれまでの取組みを共有するとともに、その成果を可視化するための評価レポートや地域からの事例についても報告し、「地域の持続可能性を引き出す企業とNPOの協働のあり方」について考える場として開催しました。当日は、NPOや企業のCSR担当者などを中心に、105名の方にご参加いただき、熱心に議論がされ、企業とNPOの協働が引き続き注目されていることがうかがえました。

6_フロアD③IMG_20160218_152954
【第二部の一部:フロアディスカッション】

内容についての詳細や、成果を可視化する目的で作成したインパクトレポートは、SAVE JAPAN プロジェクトのウェブサイトに掲載しています。ぜひ、そちらもご覧いただき、感想やフィードバックをお待ちしています。
【詳細はこちらから】

日本NPOセンター
SAVE JAPANプロジェクト 担当 平川 ちひろ