企業の方へ

協働(パートナーシップ)とは、「異種・異質の組織」が、「共通の社会的な目的」を果たすために、「それぞれのリソース(資源や特性)」を持ち寄り、「対等の立場」で「協力して共に働く」こと、と日本NPOセンターでは定義しています。
NPOと企業とのパートナーシップについても、NPOへの寄付や物品提供だけでなく、CSRやCSVという観点からの双方向の多様な取り組みが進んでいます。
日本NPOセンターは、市民社会づくりの共同責任者として、企業とのパートナーシップによる事業を自らも展開するほか、NPOと企業との出会いの場づくりも創出しています。

日本NPOセンターが企業の皆さまに協力できること

1. 個別のご相談
企業会員の皆さまを中心に、社会貢献プログラムの構築や社員参加ボランティアのあり方などのご相談やNPOのご紹介、仲介などを行っています。また、主として会員企業の皆さまに対して、支援対象の候補とされているNPOについての照会にもお応えしています。

2. 協働事業の実施
上記でご紹介したように新しい視点で既存にない仕組みや枠組みを創り出すような事業を協働で企画・実施しています。

3. 講師の派遣
一般社団法人経団連事業サービスとの共催で企業の社会貢献担当者を対象とした講座を開催するほか、個別のテーマでの社内研修にも講師を派遣します。

会員となって活動にご参画ください

日本NPOセンターは、設立以来、企業関係者に理事を務めていただくなど、企業とのパートナーシップを重視しています。市民社会づくりのパートナーとしてぜひご入会をご検討ください。詳しい内容は 説明ページをご覧ください。

企業と共に実施している事業

日本NPOセンターでは、既存にない仕組みや枠組みを新しい視点で創り出すことを基本に、約20社の企業の皆さまと以下のような事業を実施しています。それぞれにリンクを張っていますのでご覧ください。

ソフトウェア寄贈プログラム「テックスープ」
NPOのための広報力アッププロジェクト「伝えるコツ」
NPO/NGOの組織基盤強化のためのワークショップ
◎NPO「支援力」応援プログラム
子どものための児童館とNPOの協働事業(NPOどんどこプロジェクト)
SAVE JAPANプロジェクト
Green Giftプロジェクト
花王みんなの森応援団(2015年度で終了)
大和証券フェニックスジャパン・プログラム(東日本大震災現地NPO応援基金特定助成)
東日本大震災復興支援JT NPO応援プロジェクト(東日本大震災現地NPO応援基金特定助成)
『しんきんの絆』復興応援プロジェクト(東日本大震災現地NPO応援基金特定助成)
タケダ・いのちとくらし再生プログラム
日産プレジデント基金
Johnson & Johnson 東北被災地での市民・コミュニティのエンパワメントプログラム
タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム
◎経団連事業サービス「社会貢献基礎講座」の共催

詳しくは以下までお問い合わせください

TEL: 03-3510-0855
お問い合わせフォーム: http://www.jnpoc.ne.jp/?page_id=607