森を育て、私も育つ 「花王・みんなの森の応援団」プロジェクト

森を育て、私も育つ「花王・みんなの森の応援団」プロジェクト

「花王・みんなの森の応援団」とは

花王株式会社は公益財団法人都市緑化機構とともに、2000年より「花王・みんなの森づくり活動」事業に取り組み、これまでに、全国各地の森づくり活動に携わる、約400の団体へ支援を行ってきました。 みんなの森の応援団プロジェクトは、支援を行なってきた団体に学生が取材に行き、記事を掲載することによって、2つの応援をしています。 1つめは、森づくり活動の意義を広く知っていただき、団体を支援する輪を広げること。 2つめは、学生が森づくりに参加し、取材し、記事を書くことによって、学生自らの成長につなげること。 この2つの応援を実現するために、花王株式会社と認定特定非営利活動法人日本NPOセンターが協働で実施するプロジェクトです。
花王株式会社と日本NPOセンターでは、2006年より「花王・みんなの森の応援団」プロジェクトを協働で実施してきました。2014年までの9年間で、87団体の森づくり活動を取材した記事が生まれ、86名の学生レポーターが参加しました。 プロジェクトとしては、10年目の2015年度に、これまでプロジェクトで生み出されてきた、森づくり団体と学生レポーターの出会い、そしてそこで生み出されてきた学びを振り返り報告書を作成しました。 過去、取材を受け入れていただいた森づくり団体のみなさまと、参加いただいた学生レポーターのみなさまには、本プロジェクトを支えていただいたことに感謝申し上げるとともに、振り返りの折にはご協力をお願いいたします。
フェイスブック
「花王・みんなの森の 応援団」プロジェクトFacebookページでは、プロジェクトの最新のレポートや、過去に参加した学生レポーターからのお知らせを お伝えします。 「いいね!」をして「花王・みんなの森の応援団」とつながりましょう。 https://www.facebook.com/minmori.ouendan

過去のレポートはこちら

プロジェクトの軌跡

NPO、企業、学生レポーターが協働した、10年間の活動をまとめました(pdf 14.1MB)。「花王・みんなの森の応援団」の軌跡

主なコンテンツ

■「花王・みんなの森の応援団」とは

■プログラム成果から見えてきたこと
1.主体的に責任を持つという変化
2. 異世代がお互いにもたらした変化
3.取材・記事の執筆・発信が起こした変化
4.関係者の巻き込みが「創発」に変化

■再訪問レポート
Report 1  市民・企業・行政・NPOの協働が活動継続に
Report 2  地域コミュニティの中で根付く、”無理なく、楽しく、やってみる”森づくり活動
Report 3  森に囲まれた子育て ~豊かな森と、大人の暖かいまなざしに触れて~
Report 4  よこすかの森での成長と気づき~「1000年の森」での再会を通して~
Report 5 「 変わらない」が継続につながる花咲jiiの活動の魅力

■みんもり座談会

■関係者からのコメント

■学生レポーター参加者と取材実績

プロジェクトの流れ

◎「花王・みんなの森づくり活動」事業で支援した団体の活動現場での取材と活動参加、また、活動の紹介記事の執筆 ◎ 取材や活動に参加するにあたっての事前学習・準備、そのためのグループでの作業 森を育て、私も育つ「花王・みんなの森の応援団」プロジェクト

学生レポーターの声

森づくりの環境に赴き、世代も、生き方も違う方とのコミュニケーションによって、世界が広がりました。 明治大学農学部3年/当時 長谷川弓子 自分のレポートが取材団体のホームページでも紹介され、活動の広報に協力でき嬉しかったです。 恵泉女学園大学人間社会学部4年/当時 岸本真理加
企業、NPO、環境団体、学生が一緒に活動を行うことで、森林保全を様々な視点で考えることができました。 東京理科大学経営学部2年/当時 本橋孝昭
 

取材団体の方の声