「新しい公共」推進会議・震災支援制度等ワーキング・グループが岩手、宮城、福島でヒアリングを行います


「新しい公共」推進会議のもとに設置された「震災支援制度等ワーキング・グループ」が岩手、宮城、福島でヒアリングを行います。
同ワーキンググループは「東日本大震災及びそれに伴う原子力発電所の事故を受け、「新しい公共」の担い手による被災者・避難者に対する支援活動等を円滑かつ効果的にするために必要となる制度のあり方等について検討を行う場」として設置されたもので、当センター副代表理事の早瀬昇が委員の1人として参加しています。
今回のヒアリングは同ワーキンググループが検討を進め、5月30日までパブリックコメントを募集している「被災地復興と被災者生活支援に向けた対策」に対する意見を集めるために行われるものです。
詳細は同ワーキンググループのサイトをご覧ください。

「新しい公共」推進会議・震災支援制度等ワーキング・グループによるヒアリングの開催について:内閣府 より

<岩手県>
1.日時 平成23年6月2日(木)13:30~16:30
2.場所 遠野市民センター 中ホール
(岩手県遠野市新町1-10)
http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/35,0,167,203,html
<宮城県>
1.日時 平成23年6月3日(金)9:45~12:45
2.場所 仙台市市民活動サポートセンター
(宮城県仙台市青葉区一番町4-1-3)
http://www.sapo-sen.jp/map
<福島県>
1.日時 平成23年6月3日(金)15:00~18:00
2.場所 郡山市労働福祉会館
(福島県郡山市虎丸町7-7)
http://www.bunka-manabi.or.jp/kaikan/