「市民ファンド推進連絡会 設立記念フォーラム」が開催されます


2010年11月に完済した「市民セクター全国会議」を契機に、2011年1月に立ち上げられた「市民ファンド連絡会 設立準備会」を経て、この度、「市民ファンド推進連絡会」が設立されます。

この間、設立準備会では、「新しい公共支援事業における『市民ファンドの創設』についての要望書」を取りまとめたり、3月11日の東日本大震災以降は、それぞれの市民ファンドが出来ることに取り組むなど、市民ファンドとそのネットワークが果たすべき役割はより一層重要になっていると言えます。

◆◇◆市民ファンド推進連絡会 設立記念フォーラムのご案内◆◇◆

■テーマ: 市民ファンドの設立の方法と課題

■趣旨:
市民社会の新しい価値を創造し、さまざまな社会課題を解決するため、市民が主体となって運営し、市民から寄付を集め、市民活動に助成をおこなう「市民ファンド」が、10年以上前より、全国各地で設立されるようになりました。
市民ファンドは、市民活動に助成をおこなう財団、行政、企業に比べ、その数は少なく、資金量も微かですが、市民自らが、大切に思う価値を守り、市民活動や市民運動を育み、新しい公共を創造する社会的な仕組みとして、今後ますます重要になってきます。
昨年11月に開催された「市民セクター全国会議2010」のセミナーでは、多様な市民ファンドをつくり育てるためのネットワークの重要性が提起され、その後、各地の市民ファンドや市民ファンド設立を目指すNPO支援センター等が集まり、準備会を組織して議論を重ねてきました。
このたび、「市民ファンド推進連絡会」を発足し、設立記念フォーラムを開催する運びとなりました。市民ファンドの運営に関わっている皆さん、これから市民ファンドを立ち上げようとしている皆さん、市民ファンドに関心のある皆さんのご参加をお待ちしています。

■日時: 2011年6月30日(木) 13:30~18:30(開場13:15~)
■会場: 在日本韓国YMCAアジア青少年センター 国際ホール(9階)
■主催: 市民ファンド推進連絡会
■協力: 特定非営利活動法人市民社会創造ファンド
■対象: 市民ファンドに関心をもつNPO・財団・行政・企業・専門家等(60人程度)
■参加費: 3,000円(当日受付にてお支払下さい)
■申込締切: 6月24日(金)

■プログラム

13:30~14:10 第1部 開会挨拶と基調報告(40分) 

 「市民ファンドが目指すもの―推進連絡会の設立趣旨とこれからの活動―」
   挨拶および基調報告者: 法政大学現代福祉学部 教授 山岡義典

14:10~14:30 (休憩20分)

14:30~17:30 第2部 事例を通じて学ぶ市民ファンド基礎講座(各講座50分)

(1)「市民ファンドとは何か―その意味と役割と設立方法」

   事例: 特定非営利活動法人まちぽっと
   事例: 特定非営利活動法人高木仁三郎市民科学基金
   事例: 公益財団法人京都地域創造基金
   コーディネーター: 市民活動センター神戸 事務局長 実吉 威

(2)「ファンドレイジング(資金調達)の方法と課題」

   事例: 特定非営利活動法人神奈川子ども未来ファンド
   事例: 特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ
   コーディネーター: 茨城NPOセンター・コモンズ事務局長 横田能洋

(3)「グラントメイキング(助成)の方法と課題」

   事例: 特定非営利活動法人市民基金・KOBE
   事例: 特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
   コーディネーター: 大阪ボランティア協会 事務局長 水谷 綾

17:30~18:30 第3部 懇談・交流会
(※プログラム内容に関しては、一部変更の可能性がございます)

■参加申込・問い合わせ
参加申込にあたっては、申込フォーム(PDF)に記載している必要事項をご記入の上、
FAX(もしくはE-mail)にてお手続き願います。その他、不明な点等についても、下記宛にお問い合わせ下さい。

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル267-B
TEL : 03-3510-1221 / FAX : 03-3510-1222
特定非営利活動法人市民社会創造ファンド 担当:武藤・霜田
http://www.civilfund.org/