【開催報告】第1回課題ラボ QROSS SESSION テーマ「子ども」


\ありそうでなかった、課題発見のシンクタンク。『課題ラボ』がはじまりました/

満員の参加となるミッドタウン BASE-Q

 

「こんな課題があったんだ」
「こんな解決法はどうだろう」

NPOが向き合う社会課題をテーマに、企業の異なるスキルや業種の人々で集まって、頭を突き合わせて考える。日本NPOセンター、電通Bチーム、日本能率協会の協働プログラムが始まりました。

 

 

ファシリテーター電通倉成さんと課題を紹介する日本NPOセンター上田

◆第1回テーマ「子ども」◆ 2018/08/31/18:00 – 20:00

企業の方からご相談が最も多いのは、実は「子ども」にまつわるもの。
日本の各地で子どもたちに今まさに起きている、貧困問題から、遊び場の問題、修学旅行の問題まで8つの「Q=課題」について掘り下げました。
参加者は、定員を超える127名。

課題を投げかけたのは日本NPOセンターの吉田建治と上田英司。ファシリテーターは電通Bチームの倉成英俊。

〇取り上げた課題例

・地域防犯意識の高まりから、子どもたちが子どもだけで遊ぶ場所が減っているのでは

・国内で増加する子どもたちの在宅医療のニーズ

・外国にルーツを持つ子どもたちへの語学指導やキャリア教育のニーズの増加

・災害時支援においてアレルギー対応の難しさ

 

各課題を深掘りし、企業がつなげるアイディアセッションを行いました。
おかげさまで、参加者とともに活発な意見交換・質疑応答を行い、「知る・考える」の入口になったのではないかと思います。

 

次回の「課題ラボ」のテーマは「食」

詳細とお申込みはこちらから:

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています!

■お問い合わせ
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター(担当:三本、上田)
100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245
E-mail:qadai#jnpoc.ne.jp (#を@に変えてください)
TEL: 03-3510-0855