東日本大震災現地NPO応援基金 月例報告(2011年9月)


9月30日現在の寄付総額127,733,532円 助成総額33,600,000円

救援期から生活再建期への移行

日本NPOセンター 代表理事 山岡 義典

 半年の救援期を過ぎ、新たに生活再建期へと移行してきた9月でしたが、頂いた応募企画案件はすべて継続審議中で、9月の助成件数は0となりました。被災者の皆さんも避難所から仮設住宅へと移り、NPOの活動も次の展開に向けて模索中のところが多いことと思います。新しい動きの方向性は、暫くは見通しが難しいかもしれません。

 寄付に関しては、9月の寄付は50件、371,480円となり、これで累計は643件、127,733,532円になりました。これまでにご寄附いただいた企業・団体は別途一覧の通りです。(これまでにご寄付をいただいた企業・団体一覧)個人に関しては割愛させていただきます。

 なお、日本NPOセンターでは9月まではⅠ期として、プログラムオフィサーが現地のNPOを訪問しながら対話を通じて応募案件を受け取り、選考も機動性を重視して臨機に決定できる体制をとってきましたが、第2期として常時応募可能な体制をとることにしました。選考体制も新たに委員会を構成し、2か月に1回の開催によって定常的に決定をしていく予定です。第2期の応募要項・応募用紙は、現在内部で検討を進めております。募集を開始しましたら当センターサイトでお知らせいたします。