にじいろクレヨン(宮城県)への補足助成が決定しました


2011年11月28日に下記団体に対して、現地NPO応援基金(第1期)の助成を決定しました。
なお、今回の助成は5月20日に決定した助成(「団体と助成の概要(1)」参照)が10月をもって終了したことから、12月までの活動延期に対して補足的に助成したものです。

団体と助成の概要(1) | 団体と助成の概要(2) | 活動レポート

団体名
にじいろクレヨン(旧称 石巻こども避難所クラブ)

ウェブサイト
http://nijiiro-kureyon.jp

助成金額
330,000円

震災対応の事業
東日本大震災で壊滅的な被害と受けた宮城県の沿岸地域(石巻市、東松島市、仙台市)では公園であったところは仮設住宅が建ち、仮設住宅に住む子どもたちや近所に住む子供たちは、休日や放課後の時間帯に伸び伸びと遊ぶ場所がない状態である。現在は、仮設住宅の前の通路や道路で遊んでおり危険である。
仮設住宅はアスファルトで囲まれ敷石で埋められている状態で、環境面で子どもたちが土や砂に触れる機会が奪われ、同じように外で遊ぶ機会を奪われた子どもたちは、仮設住宅や自宅に閉じこもりテレビゲームをする傾向があり、精神衛生面で不安定な状態の子どもが多く見られるのが現状である。
被災地に住む子どもたちが健全な精神で伸び伸びと日々を過ごし成長できるよう安全に安心して遊べる場を作る。また、震災でストレスを感じている子どもたちが発散できる場を作る。一方で親御さんにとって子どもを安心して任せられる場所を提供することを目的とする。
被災地の仮設住宅に住む子どもたち及び近在の子どもたちを対象に、知性・教養・社会性を身に着けるための遊ぶ機会の提供をレクリエーション活動を通じて行う。にじいろマスター、ボランティアリーダー、本団体スタッフに対して絵本の読み聞かせ研修や心のケアに関する研修を行う。