さくらんぼくらぶさんから「立ちあガレイ」をいただきました。


東日本大震災現地NPO応援基金の第1期でご支援したさくらんぼくらぶ(宮城県登米市)さんから贈り物が届きました。

開いてみるとカレイの形をしたクッション&ストラップ「立ちあガレイ」!

さくらんぼくらぶが行われている、南三陸町南方地区仮設住宅のサロン活動で参加されている住民さんと作成されたものだそうです。

「取扱い説明書」によると、
 「じぃちゃん、ばぁちゃん、座ってばかりいると、筋力が低下するよぉ~ 立ちあがれぃ~!!!!」
 「復興へ向けて、今こそ、ひとりひとりが動くとき!! 立ちあがれぃ!!!!」
という思いを込めてみなさんで作成されたそうです。
クッションは「長時間座るとお尻が痛くなるよ。」とのことで、立ち上がりたくなるんですね(笑)

流行語大賞を目指しているとのことですので、ご支援よろしくお願いいたします。

さくらんぼくらぶの活動や「立ちあガレイ」について詳しくは以下をご覧ください。
http://blog.canpan.info/npo-sakuranbo-club