東日本大震災現地NPO応援基金 2012年7~9月経過報告


現地NPO応援基金へのご支援、ありがとうございます。
一般助成の第2期第4回と、新たに開始した特定助成の対象団体が決定しましたので、ご報告します。
-第2期第1回・第2回の助成団体による中間情報交換会も開催します。

日本NPOセンター代表理事 早瀬 昇

●概況

 7月から9月までの間の寄付と助成の経過は、以下のとおりです。
【ご寄付】
 7月受入 566,639円 <7月末累計 256,522,321円( 111,468,636円)>
 8月受入7,929,745円 <8月末累計 264,452,066円( 119,398,381円)>
 9月受入 237,000円 <9月末累計 264,689,066円( 119,635,381円)>
 *( )内は、第2次募金のみの累計です。
【助成】
 第2期第3回として5件・1898万円を7月から助成開始しましたが、これまでに第1期分として27件・4380万円、第2期の第1回・第2回として14件・5681万円を助成していますので、9月末の助成累計は46件・1億1959万円になります。

●助成対象団体による中間情報交換会を開催

 第2期第1回と第2回の助成対象団体による情報交換会を8月1日に仙台市において開催しました。各団体の取組み状況を報告していただくとともに、組織の基盤強化の進め方などについて意見交換を行いましたが、今後ともこうした機会を積極的に設けたいと考えています。

●現地NPOの組織基盤強化事業を実施

 今年度は、認定特定非営利活動法人ワールドビジョン・ジャパンの協力を受けて、現地NPO応援基金応募団体など岩手県、宮城県、福島県において復興活動に取り組んでいる60団体を対象に組織基盤強化のための「市民活動団体(NPO)育成強化プロジェクト」を実施していますが、5月から各県ごと実施した集合研修の締め括りとして9月1日と2日に仙台市で全体会議を開催しました。今後は、各受講者へのメンターサポート、基盤強化実践プログラムへの資金支援、インターシッププログラムを順次実施していく予定です。詳しくはWEBサイトでご確認ください。

●一般助成:第2期第4回の助成先決定

第2期第4回の助成先は、8月1日までに受け付けた30件の応募を対象に8月24日の選考委員会(委員長:島田茂)にて助成候補を選出し、現地インタビューで内容確認のうえ、5件・1350万円を決定しました。10月に助成開始する第2期第4回を含めた助成累計は、51件・1億3309万円となります。なお、特定助成が始まることを受けて、第2期第4回助成から応募要項の一部を見直しました。

●特定助成:本年度の助成先決定

 新たに公募を開始した特定助成「大和証券フェニックスジャパン・プログラム2012-被災地の生活再建に取り組むNPOの人材育成-」の助成先は、7月11日から8月1日までに受け付けた27件の応募を対象に、8月29日の選考委員会(委員長:谷山博史)にて助成候補を選出し、現地インタビューで内容を確認のうえ、7件・3100万円(合同研修助成金150万円を含む)を決定しました。次回は、2013年10月の助成開始を予定しています。

●一般助成:第2期助成を1年間延長

 東日本大震災現地NPO応援基金の一般助成については、昨年10月までを救援期(第1期)として現地NPOの救援活動への助成に取組み、11月からは生活再建期(第2期)として「被災者の生活再建を支援する現地NPOの組織基盤強化」をテーマに助成に取り組んできましたが、この度、第2期助成を1年間延長して募集することといたしました。今後は、第5回(2013年4月助成開始)と第6回(2013年10月助成開始)の2回の募集を予定しています。