12/1 タケダいのちとくらし再生プログラム 「NPOと企業との連携、大いに語る」トーク&事例報告


 

復興期の被災地を支え、元気にしていくには、現地のNPOや企業、行政など多様な力が必要とされています。しかも、それぞれがバラバラではなく、その持ち味を活かした連携と協働による取り組みができれば、被災地の復興の可能性は大きく広がります。

そこで「企業とNPO、多様な連携の道を探る」と題してトークと事例報告を行い、これからの復興支援のあり方を考える機会にしたいと思います。
ぜひ企業やNPO関係者などのご来場をお待ちしています。


■日時:
2015年12月1日(火)17時00分~20時00分(開場:16:30)

■場所
TKP東京大手町カンファレンスセンター16F(地図)
(住所:東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル16F)

■対象
どなたでもご参加いただけます。

■定員
50名

■参加費
無料

■申込方法
いずれかの方法で開催日前日(11月30日)までにお申込みください。

(1)タケダいのちとくらし再生プログラム専用ページから申込
ページ下部の申込フォームからお申込みください
http://www.inochi-kurashi.jp/info/1626/

(2)E-mail、電話、FAXで申込
「お名前」「所属」「ご連絡先」を記載の上、お申し込みください。

<宛先>
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
タケダ・いのちとくらし再生プログラム事務局(担当:千代木、長瀬、西口)

<電話>03-3510-0855(受付時間:9:30-18:30)
<FAX>03-3510-0856(受付時間:24時間)
<E-mail>info@inochi-kurashi.jp
※メールアドレスの@マークは半角に変えてください

■プログラム

▼トークセッション 「NPOと企業との連携、大いに語る」 (17:10-)

【登壇者】

吹田 博史さん
(武田薬品工業株式会社 コーポレート・コミュニケーションズ&パブリックアフェアーズCSR)

長沢 恵美子さん
(一般社団法人経団連事業サービス 事務局長代理(事業部門))

【聞き手】

・田尻 佳史
(認定特定非営利活動法人日本NPOセンター常務理事)

▼事例報告① (18:10-)

特定非営利活動法人 ピースジャム

「拠点を活用した子育てに関わる地域コミュニティの再生・創出事業」

一般社団法人 ワタママスタイル

「被災地女性の就労支援と地域高齢者の配食サービス・見守り支援事業」

特定非営利活動法人 仙台夜まわりグループ

「「HELP!みやぎ」相談・フォローアップ継続、中間就労事業継続・発展、新規雇用創出事業開設」

一般社団法人 コミュニティスペースうみねこ

「高白浜ゆめハウスを拠点とした生きがい作りから、長く、楽しく働ける場所作り」

▼事例報告② (19:10-)

一般社団法人 さとうみファーム

「わかめ羊肉の6次産業化と観光羊牧場による雇用創出を目指す活動」

特定非営利活動法人 福島県有機農業ネットワーク

「福島の入り口づくり、オルガン堂の販売力・発信力強化」

一般社団法人 長面浦海人

「長面浦海さとうら再生計画」

▼交流タイム (19:40-)

参加7団体のブースを設けて団体の紹介やグッズの販売を行います。

【問い合わせ先】
タケダ・いのちとくらし再生プログラム 事務局
特定非営利活動法人 日本NPOセンター (千代木、長瀬、西口)
100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル245
TEL:03-3510-0855