「くらし×○○つなぎの手帖」を発行しました


くらしのこまりごとが多種多様となる中、地域のさまざまな人のつぶやきに日ごろから耳を傾け、その思いに寄り添いながら出会いの準備をしておくことこそわたしたち支援者に求められる役割です。
「越境」して考え、動き、出番をつくるような出会いを演出する。
そんなすてきなつなぎ手が、もっといろんな場面で増えたらという願いを込めて、この度「くらし×○○つなぎの手帖」を発行しました。

この手帖は多様な「つなぎ手」にインタビューをした内容をもとに、そのエッセンスをまとめたものです。NPO支援センターや社会福祉協議会をはじめ、地域で「つなぎ手」として活動されるみなさんのお役に立てると幸いです。

入手希望の方は以下のページをご確認ください。

「くらし×○○ つなぎの手帖」が書籍コーナーに加わりました

※この冊子は、赤い羽根福祉基金による助成事業「地域福祉の充実のための地域のNPO支援センター(中間支援組織)と地域福祉関連境域との連携創出支援事業」(2016年度~2018年度)の一環として作成しました。
助成事業にご協力いただいたアドバイザーのみなさま、インタビューにご協力いただいたみなさまに感謝いたします。