【1/22】第2回 会員サロン「子どもが主役の居場所・地域づくり~宮城の事例から~」 


日本NPOセンター会員サロン(※会員の方が対象です)

2020 年度は中期ビジョンに定める「会員の参加を活かす組織」をめざし、会員同士が交流し、互いの組織・取り組みを知ってもらうための場として「会員サロン」を11月から開催しており、今回が2回目となります。
今回はお昼時の設定としました。ぜひお気に入りのランチをご用意いただき、ご参加ください。

※本サロンは会員限定です。入会いただければどなたでも参加できます
日本NPOセンターの会員制度・入会手続きはこちらをご参照ください。

 


■日 時
第2回 「子どもが主役の居場所・地域づくり~宮城の事例から~」
2021年 1月22日(金)12:00 ~ 13:30
☆今回はお昼時の設定としました。ぜひお気に入りのランチをご用意いただき、ご参加ください。

■開催方法
オンライン会議ツール Zoom(ズーム)ミーティング

■対 象
日本NPOセンター会員のみなさま

■定 員
30名

■主 催
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター

■参加費
無料

■お申込みはコチラをクリック

内容

第2回 1/22(金)12:00~13:30

「子どもが主役の居場所・地域づくり~宮城の事例から~」

東日本大震災後、子どもたちを中心に据えた居場所づくり、地域・コミュニティづくりに取り組んできた2団体のお話をお聞きします。子どもたちと子どもたちを取り巻く環境(地域・コミュニティ)の変化の中でお二人は子どもたちのために何を大切だと考え、誰とどんなことを取り組んできたのか。子どもに関わる活動を行っている団体、支援者のみなさん、東北の今を知りたい方、ぜひご参加ください。

 

■話題提供NPO

特定非営利活動法人 にじいろクレヨン(理事長 柴田 滋紀さん)

宮城県石巻市において、東日本大震災による避難所生活で後回しにされがちな子ども達の姿を目の当たりにし、震災から約10日後の3月22日から、子ども達のストレスケアを目的とした遊び場、居場所づくり活動を始める。
2012年にNPO法人化し、避難所、仮設住宅、復興公営住宅へと住民の生活拠点の変化に合わせ、地域の中で子ども達が安心安全に過ごせる居場所づくりを行なっている。また、2017年から「子どもを軸とした地域コミュニティづくり」活動を通して、子どもも大人も安心して過ごせる地域づくりを行なっている。

特定非営利活動法人 こども∞(むげん)感ぱにー(代表理事 田中 雅子さん)

東日本大震災をきっかけに、宮城県石巻市で子どもの遊び&居場所づくりを地域の人と開始。2015年にNPO法人化し、プレーパークとフリースクール事業に取り組んでいる。
2017年からは、子どもの居場所や不登校課題など、地域住民や子ども支援団体とネットワークを組み各種活動を開始。
官民連携して子どもの課題に取り組む体制づくりや、「地域の子どもは地域で見守り育てる」を合言葉に地域活動に力を注いでいる。
グッドガバナンス認証(認証番号:2018G(0)0003)、認定NPO法人申請中