1/13 「NPO向けオリエンテーション」開催(ソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)創出プロジェクト)


NPO向けオリエンテーション

NPOは社会課題の解決に向け日々取り組む一方、その組織基盤は十分であると言えず、人的・資金的な不足は重要な問題のひとつです。それらを解決するためのIT活用も、専門知識の不足や投資できる資金の不足が制約となり、進んでいない現状があります。2020年9月に実施した「日本のNPOにおけるIT活用とSTOに対するニーズに関する調査」の結果から、課題が明らかになりました。

・IT人材の人数と質を確保できない理由について、4割の団体が「原資や予算の不足」を、また、2割が「事業活動や組織運営でのIT活用に関する情報や知識が少ない」を挙げている。少ない予算の中でIT人材への投資には限界がある。

・4割の団体がSTOを団体内部の人材として活用したいと回答、3割が「わからない」と回答した。「わからない」と回答した団体向けの周知・理解浸透活動の必要性が確認できた。

この現状を解決するために、私たちはソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)というIT人材の創出を目指しています。STOは「経営の視点から、ITに関わる活用戦略、人材戦略、投資戦略などをNPOにアドバイスし、実践を主導する人材」を指します。具体的には、事業活動、組織運営の両面でITを活用した「既存事業の改善」「新規事業の開発」「コスト削減」「IT人材の獲得・育成」などに取り組む存在です。

この度、STOの登用を検討したいNPOの方向けにオリエンテーションを実施いたします。
ご参加をお待ちしております。

●ソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)創出プロジェクト
https://sto.code4japan.org


■日 時
2021年 1月13日(水)12:00 ~ 13:00

■開催方法

オンライン会議ツール Zoom(ズーム)ウェビナー

■対 象
STO登用に関心のあるNPOのみなさま
■定 員
100名 ※1団体2名までのご参加とさせていただきます

■主 催
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター

■参加費
無料

■参加申し込み
https://techsoupglobal.zoom.us/webinar/register/WN_FJK08wNXTne0zXo9IxgCAw

■内容
1.ソーシャル・テクノロジー・オフィサー(STO)とは
紹介リーフレット

2.STOを導入するにあたって

3.STOを迎え入れる支援のしくみ紹介

※内容は予告なしに変更になる可能性があります
※本イベントの趣旨はマッチングではありませんのでご了承ください。

■お問い合わせ
特定非営利活動法人 日本NPOセンター
担当:三本、上田
jncenter[]jnpoc.ne.jp
※ []を@に変えて送信ください。