「ファーウェイ東日本大震災IT支援プロジェクト」 レポートの発表


認定特定非営利活動法人日本NPOセンターは、華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)と連携し「ファーウェイ東日本大震災IT支援プロジェクト」を立ち上げました。

レポート_vol.1

「ファーウェイ東日本大震災IT支援プロジェクト」助成事業

今回の「ファーウェイ東日本大震災IT支援プロジェクト」においては、「障害者」「子ども/若者」「NPO支援」の3つのテーマを掲げ、オンラインツールを使って先駆的に取り組むNPO3団体を助成団体として選出しました。

この3団体はプロジェクトを開始した2021年2月から12月までの約10か月間、被災地域の復興とIT活用支援に取り組みます。

NPO法人エイブル・アート・ジャパン:生きる力を育てる「SOUP芸術の学校」試行事業

コロナ禍で文化芸術活動やスポーツ活動に直接参加することができない、情報弱者( 要支援者)となりオンラインでの学びの場にアクセスするのが困難になっている障がい児・者や支援者を対象に、生涯学習の場を提供する「スウプノアカデミア」を実施。
NPO法人エイブル・アート・ジャパン http://www.ableart.org/

NPO法人底上げ:ITスキルを活用した地域の担い手育成事業

震災後郷土について学んだりリーダーシップ教育を受けたりして地元で活動したものの、進学を機に都市へと移動し地域との関係性が希薄化してしまっている若者を対象に、Webメディアを構築して地域のUターン先・就職先の情報提供を行う。この事業を行うことで、過去に投資した関係人口がUターンなどのかたちで地域に還元される仕組みづくりを目指す。活動エリアは宮城県、主な事業対象者は地域団体の過去参加者やボランティアOB・OG。
NPO法人底上げ https://sokoage.org/

NPO法人@リアスNPOサポートセンター:NPOのためのICT支援プロジェクト

東日本大震災の被災地域において今後も重要な役割を担うNPO等の事業・経営基盤を強化し、事業を円滑に進めるためのICTツールの導入・活用のサポートを行う。具体的にはNPO向けのICT活用セミナー、ICT活用コンサルティングの実施や、オンラインツール活用に関する情報発信、オンラインセミナーやWEB会議の開催支援を予定。主な事業対象者はNPO等市民活動団体で、初期の活動エリアは岩手県沿岸地域だが、将来的には東北各地へと拡大を予定している。
@リアスNPOサポートセンター https://rias-iwate.net/